MENU

ホップ農家小林

山梨県北杜市でホップ栽培の継承と発展に務めています。
山梨県北杜市でホップ栽培の継承と発展に務めています。

ごあいさつ

◎カイコガネ発祥の地

当農園は、八ヶ岳南麓の山梨県北杜市に位置し、日射量が日本一であることや冷涼な気候のためホップ栽培に適した地域と言えます。

もともと北杜市のホップ栽培の歴史は古く、1920年ごろから大手ビールメーカー主導のもと行われていました。
国内品種第一号の「カイコガネ」発祥の地でもありホップ栽培の先駆けでもあります。

しかし現在、その「カイコガネ」も国内での栽培者の減少や新品種へと移り代わり無くなりつつあります。

わたしたちは2014年より北杜市内での試験栽培を実施し、2016年より本格的に「カイコガネ」の継承を目的としたホップ栽培とビール販売を開始いたしました。

現在、国内で使われるホップの90%以上は、ドイツ・アメリカなどから輸入しており、国内産ホップは大手ビールメーカーとの契約農家が栽培しているのがほとんどのため、マイクロブルワリーや一般の方が国産ホップを入手することは困難な状態です。

わたしたちは、多くの方にホップの魅力を知ってもらいたいことから独占契約などを行わず、自由にホップの販売を行うことで当農園のホップの魅力を伝えていければと考えています。

ファーム小林

八ヶ岳の南麓に位置する山梨県北杜市で
数少ないホップ農家となった現在、
ホップ栽培の継承と発展に務めていきます。

ホップ

わたしたちの思い

わたしたちは安心・安全なホップを皆様にお届けできるよう減農薬によるホップの栽培を行い、栽培技術とホップの質の向上に努めております。

◎徹底した温度管理

乾燥ホップへの加工には温度管理がホップの質に大きな影響を与えるため、徹底した温度管理のもと、色・ツヤ・水分量・匂いにもこだわることで最高のホップを提供できるように生産設備を整えております。

乾燥ホップの他、生ホップやペレットなど、従来の加工方法のほか、新しい加工方法や技術の向上にも前向きに取り組み、よりホップの良さを引き出せるような利用方法を見つけていくことも重要な課題と考えております。

ホップ

◎求められるホップ

ビールの個性や特徴はホップによって決まると言っても過言ではありません。
そのため、ビール醸造者の理想とするビール造りには、醸造者の求める品種のホップが欠かせないことから当農園では約20種類のアメリカ・ドイツ・イギリスなど多くのホップの品種を栽培することで、醸造者の方々の求めるビール造りに最適な品種のホップを提供することが可能です。

◎ホップ業界の未来

ホップ栽培が盛んな外国では多くの新品種が育種され毎年リリースされていますが、日本では育種や品種改良は遅れがちです。

わたしたちはホップ本来の価値を高め、醸造者をはじめご購入してくださる方へ、ホップについての理解と農家の抱える現状を知ってもらうことでホップ農家の経営環境の向上を計っていきたいと思っています。

ホップ

こだわった最高のホップを提供するため、
自然に近い、減農薬で栽培し、
安心・安全なホップを目指しております。

ホップ

ホップ販売

当農園では、日本・アメリカ・ドイツ品種など約20種類のホップを栽培しております。

ホップ販売については、生ホップ、乾燥ホップなどお客様 のご希望に沿った出荷形態を目指し、加工技術の修得に日々励んでおります。
品種や数量など、不明な点はお気軽にお問い合わせください。

ホップの収穫は7~8月にかけて行っているため、新鮮な生ホップをご利用の際は収穫時期前に一度ご相談ください。

【販売価格】

  • 【生ホップ】
    1袋 500g 1,250円(税込)
  • 【乾燥ホップ】
    1袋 250g 2,500円(税込)
  • ※乾燥ホップ250gは生ホップ1kgから加工されます。
  • ※収穫量や質により若干の値段の変更がございます。
ホップのご注文はこちら

ホップとは

ホップは、ビールの原料となるアサ科の蔓性の多年生植物です。
ホップは実ではなく花の一部が肥大化したもので形は、マツボックリのような形をしていることから「球花(きゅうか)」「毬花(まりはな)」とも呼ばれています。

品種も世界中に数多くあるため、ビールそれぞれの個性を決める役割も担っています。
また、ホップはビールの苦みと爽快な香りを出すのに欠かせないだけでなく、ビールの泡の形成や泡持ちにも影響しています。

そのほか、成分内の殺菌作用もあるため、雑菌の抑制・ビール混濁に影響する余分なタンパク質を除去するなどの清澄化の作用も持ち合わせています。

ホップの成長は、春から夏にかけて成長していきます。

  • 【3~4月】土の中から新しい芽が出てきます。
  • 【5~6月】盛んにホップの蔓が伸び、高さ6~8mぐらいまで成長します。
  • 【7~8月】花が咲いてホップへと成長します。

生ホップ・乾燥ホップなど、
お客様のご希望に沿った出荷形態を目指し、
丹精込めて作ったホップをお届けいたします。

ビール販売
ビールイメージ

ビール【限定】販売

より多くの方にホップの魅力を知ってもらいたく、当農園で栽培されたホップのみを使用したビールを限定販売しております。

ホップ農家がプロデュースするビールです。

ホップは品種毎に香りや特徴が違います。そしてビールの個性や特徴はホップによって決まると言っても過言ではありません。
ホップ農家だから作れるビールがあります。

また、ホップの香りを楽しんで頂けるよう、シングルホップで醸造されたビールを販売しております。
当農園のホップの魅力を皆さまにお伝えしていけたらと思います。

ビールイメージ

【今春発売予定】ビール ペールエール

<山梨県産カスケードホップ使用> 口の中に残る確かな苦味を活かしつつ、さっぱりとした飲みやすさを追求しました。ぜひ、ホップのフワっと広がる豊かな香りと口に広がるさわやかな味を感じてください。

【販売価格】

  • 330ml 瓶:500円(税込)/ 本
  • 10L 樽:15,000円(税込)/ 樽
販売するビール画像
ホップ

事業者概要

代表
小林吉明
所在
〒408-0031山梨県北杜市長坂町小荒間301-3
TEL
0551-45-6449
FAX
0551-45-6449
MAIL
kobayashi@hokutohops.com
【ホップ圃場】
住所
山梨県北杜市高根町上黒沢字東久保1524外
面積
1,2ha
品種
カイコガネ、カスケード、チヌック、ハラタウ、ザーツなど約20種
収穫目標量
生ホップ4.8t(乾燥ホップ換算1.2t)

【事業概要】

  • ・ホップ栽培
  • ・ホップ加工
  • ・ホップ品種改良
  • ・ビール販売
  • ※小ロットからの取引が可能です。
  • ※ご利用しやすいように少量パックで提供いたします。

【酒類販売管理者標識】

酒類販売場の名称及び所在地
山梨県北杜市長坂町小荒間301-3
酒類販売管理者の氏名
小林吉明
酒類販売管理研修受講年月日
平成29年11月15日
次回研修の受講期限
平成32年11月14日
研修実施団体名
諏訪小売酒販組合
農場風景
働らく人々

わたしたちは、
ホップの質にとことんこだわりたい為、
農園施設内において収穫から加工、出荷までの一連の作業をすべて当農園で管理しています。
それにより安定した質のホップを提供し、
色・ツヤ・匂いなど良質なホップの改良を常に追求していきます。

さらに、カイコガネのように北杜市内での新品種、日本オリジナルの品種を作るべく、
今後新たなホップ品種の育種と改良を行っていく予定です。

ホップを栽培してみたい!!
でもどのように育てたら良いのかわからない方へ
栽培方法の提示とフォローアップをして行きたいと思っています。

News

Contactご注文・お問い合わせ

ご希望の品種のホップやさまざまな加工のご要望も承ります。
また、小ロットからの取引が可能です。
ご利用しやすいように少量パックで提供いたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

*は必須項目です。

■ 内容をお選びください*
■ お名前*
■ お名前(フリガナ)*セイメイ
■ 会社名
■ メールアドレス*
■ 電話番号*

- ホップのご購入 -

■ 種類をお選びください*
 
【生ホップ】 1袋 250g 1,250円(税込)
【乾燥ホップ】 1袋 500g 2,500円(税込)
■ 個数*
■ 郵便番号*(例)123-4567
■ ご住所*
  • 都道府県
  • (建物名 部屋番号)
■ ご質問等あれば
支払い方法
銀行振込
振込先等の詳細は注文後ご連絡いたします。
入金を確認後の発送となります。
また、振込手数料はお客様負担となります。振込時にご確認ください。
発送について
ヤマト運輸にて配送いたします。
ご入金確認日から6営業日以内の発送となります。
送料について
商品の送料は着払いとなります。
お手数をお掛けしますが、商品到着時に現金にてお支払いください。

- お問い合わせ -

■お問い合わせ内容*
未成年の飲酒は法律で禁止されています。

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
お酒は楽しく、ほどほどに。飲んだあとはリサイクル。
ホップ農家 小林では20歳未満と思われるお客様の場合、
必ず年齢確認をさせて頂き、未成年者へのお酒の販売はしておりません。